打開 11:00 關閉 20:00週二至週六
No.02900 1990s~
No.02900 1990s~
No.02900 1990s~
No.02900 1990s~
No.02900 1990s~
No.02900 1990s~
No.02900 1990s~
No.02900 1990s~
No.02900 1990s~
No.02900 1990s~
No.02900 1990s~
No.02900 1990s~
No.02900 1990s~
No.02900 1990s~
No.02900 1990s~
No.02900 1990s~
No.02900 1990s~
¥32,000

No.02900 1990s~

Afghanistan

1990s / VINTAGE

1910 x 910mm

アフガニスタンのバルーチ族らしく、自由に織られた柄が全面に入っています。

中央に下から上まで一列で織られているのは花瓶の模様といって、豊かな生活への願いが込められている柄。その花瓶模様の左右には厄除けの意味合いがあるサソリ柄をモチーフにしたメダリオンが織られています。また細かな柄の中にもサソリ柄と同様の魔除けの意味合いがあるS字の柄があったり、8芒星の柄が織られています。

一見すると左右均等のように見えますが、バルーチ族は基本的に図面を用意せずにラグを織る事が多く、気分や独自のバランスで柄を織り込んでいく為よく見ると反対側には無い柄が逆側にはあったり、上側にはあるのに下側には無いなんて事が多々あります。フリーハンドで織られたライブ感があるデザインなのも、手織りのトライバルラグの醍醐味のひとつですよね。

配色は柔らかなアイボリーのベースカラーに、ネイビー・モスグリーン・ライトブラウン・ダークブラウン・サーモンピンクといった淡い色味のウールが使用されています。元々はもっと発色が強かったであろう色味ですが、褪色が全面にしっかりと出ているので薄いフィルターを挟んだかのように淡い色味に変化しています。ヴィンテージラグならではの色味の変化が出ていて、良い雰囲気を纏っています。

毛足は擦れて短くなってきていますが、厚みはバルーチラグでは平均的な7mm程ございます。表面のウールはサラサラとしていてサッパリとした肌触りの良い風合いです。

ポツポツと経糸が見られますが、ほつれたりする心配はございません。お写真をご確認ください。

+

庫存僅剩

請先閱讀內容,以確保您對購買感到滿意。

在此處查看常見問題。

購買前

請先閱讀內容,以確保您對購買感到滿意。

常問問題

在此處查看常見問題。

利用規約及びプライバシーポリシーに同意する必要があります。 | Agreement to the Terms of Service and Privacy Policy is required.

エラーが発生しました。しばらく待ってから再度チェックボックスにチェックを入れてください。